お問合せ

HOME

製品情報 注文方法 採用情報 企業情報

株式会社SakaePlusよくあるご質問Q&A

全般に関するご質問

  • エッチング(腐食)とは?
  • 納期は?

箔押し版(ホットスタンプ)型押版に関するご質問


  • 亜鉛凸版は作成できますか?
  • 簡易版が欲しいのですが。
  • マグネシュームは軽いので心配?
  • 箔切れが良い版は?
  • やわらかくないですか??
  • 深堀はできますか?
  • ベタの中の白抜き文字の抜けを良くしたいのですが…
  • 真鍮の腐食版はガタガタな腐食ですか??
PAD(タンポ・パッド印刷)に関するご質問

  • 一般的な版の深さは?
  • 版の精度は?
  • 版のサイズの種類は?
  • 再研磨はできますか?
  • ベタの部分が薄いとインクがうすくなるのですが?
  • タンポ(パッド)の選択はお願いできますか??
  • 受治具を作成したいのですが?
  • ブレードのインク残りの線はでませんか?
  • 樹脂版は作れますか?
シルク印刷に関するご質問

  • どのような版ができますか?
  • 版枠の種類は?
  • メッシュの種類は?
  • インキはどこのメーカーを取り扱っていますか??
  • インキサンプルを取り寄せできますか?
  • インキの最低数量は?
  • スキージはどこのメーカーですか?
  • スキージの形状 サイズ 色は?
  • スキージの硬度は?
  • 機械も販売していますか?
活版凸版(Letter press)に関するご質問

  • 活字凸版(letter press)の版は作成できますか?
  • 樹脂版を使っているのですが。。
  • 昔の印刷技法ではないのですか?
  • 印刷したものはどういったものが多いですか?
  • 版下がないのですが。。
  • 活字組版で使っている書体はありますか?
箔押版(ホットスタンプ)のデータ入稿に関するご質問

  • どのようなデーターで作成できますか?
  • データーの保存形式は?
  • データー作成の注意事項はありますか?
  • アウトラインがかかってないとどうなりますか?
  • RGBモードで作成してもいいですか?
  • 画像データーを貼り付けたいのですが?
  • を作成する際 データー確認 絵柄はどのように確認しますか?
  • MKS HOTをしたいのですが、データーをどうすればいいですか?
  • サイジング HOTのデーターを確認できますか?
  • MKS サイジング HOTのデーターを確認できますか?

■全般に関するご質問

Q:

エッチング(腐食)とは

A: 金属に特殊な溶剤を吹きかける事により掘り下げる事を私どもはエッチングと呼んでいます。

Q:

納期は?

A: 銅版 10時まで入稿分は当日製版いたします。
マグネシューム版 13時までの入稿分は当日製版致します。
PAD版 10時まで入稿分は当日製版いたします。

Q:

箔押(ホットスタンプ)用 亜鉛凸版は作成できますか?

A: 弊社では亜鉛凸版は作成していません。
外注受となりますが、お受けいたします。厚みは1mmと3mmとあります
納期は通常納期よりプラス1日~2日頂きます。
亜鉛に変わるものという意味で当社ではマグネシュームを販売しております。

■箔押版(ホットスタンプ)型押版に関するご質問

Q:

箔押(ホットスタンプ)用 亜鉛凸版は作成できますか?

A: 弊社では亜鉛凸版は作成していません。
外注受となりますが、お受けいたします。厚みは1mmと3mmとあります
納期は通常納期よりプラス1日~2日頂きます。
亜鉛に変わるものという意味で当社ではマグネシュームを販売しております。

Q:

箔押(ホットスタンプ)で簡易版が欲しいのですが?

A: マグネシューム版がお勧めです。
但し長期保存には若干不向きな点もありますので繰り返しリピートがあるものには硬銅版をお勧めします。

Q:

箔押(ホットスタンプ)で マグネシュームは軽いので心配?

A: :亜鉛に比べると非常に軽くアルミのような素材ですが。
強度は亜鉛版よりは硬いので安心してください。
又、軽いのでアップダウン機などの上に貼るタイプの際に落ちにくいという利点があります。

Q:

箔押(ホットスタンプ)で箔切れが良い版は?

A:

硬銅版をお勧めします
エッジ(ショルダー)部分が立ちシャープな箔切れです。

Q:

箔押(ホットスタンプ)で 銅版は柔らかくないですか?

A: 当社の銅版は、印刷の圧力に耐えうるように特殊な材料を使用していますので、非常に硬いので安心です

Q:

箔押(ホットスタンプ)版で深彫ができますか?

A:

はい可能です
E段用や皮用などに深く堀る事が出来ます。1.5mm以上可能です。

Q:

箔押(ホットスタンプ)で ベタの中の白抜き文字の抜けを良くしたいのですが?

A:

硬銅版をお勧めします。細かい所まで深く入りますので

Q:

箔押(ホットスタンプ)版で 真鍮版の腐食版はガタガタな腐食ですが?

A:

現在真鍮版の腐食(エッチング)はしておりません
彫刻で対応しているものが一部ありますが、ショルダー部分はキッチリ立ちます

 

■PAD印刷(タンポ・パッド印刷)に関するご質問

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)で 一般的な版の深さは

A:

基本はお客様より指示いただくのですが
1度押しの際は25μ 2度押しされる際は22μ位が多いようです。

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)版の精度は?

A: 深度は±2μで、版位置精度は0.1mm以内です。

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)版のサイズの種類は?

A:

一般的なサイズは100x100x10t 100x200x10tですが
それ以外もございますので一度確認して下さい。特注サイズも承ります。

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)版の 再研磨は出来ますか?

A:

はい、当社の版でしたら、対応致します。
お預かり後、研磨+ラッピングをしてから再エッチング致します。
当社の版は真空焼入れという方法ですので、芯まで硬度は変わりません。

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)で ベタ部分が広いとインクが薄くなるのですが?

A:

網掛けをすることにより、若干は防げます
又、ブレードを厚い物に変えると直る事もあります。

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)用の タンポ(パッド)の選択はお願いできますか?

A: はい、成形品をお預かり、インキの種類(1液?2液)を指示下さい

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)用の 受治具を作成したいのですが

A: 成形品をお預かりし、印刷位置等確認後現物合わせにて作成致します。

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)版で ブレードのインク残りの線は出ませんか?

A:

はい、線は出ないと思います
版表面のラッピングを通常の倍の時間をかけて面を磨いていますので
ブレードとの愛称はバツグンです。
又当社扱いのブレードを使って頂くとより良いです

Q:

PAD印刷(タンポ・パッド印刷)用の 樹脂版は作れますか?

A:

弊社では樹脂版(PAD印刷用)は作成していません。
樹脂版に変わるものという意味で当社ではステンレスの薄版(0.25と0.35)を販売しております。
耐久性もありリピートじも安心です。試作校正用にもご利用ください
0.35tは特に磁石に付きますのでマグネットベースを用意頂ければ設置がかなり容易になります
ベタ印刷などにも適しておりますので一度使ってみて下さい

 

■シルク印刷に関するご質問

Q:

シルク印刷では どのような版が出来ますか?

A: 油性タイプ・水性タイプ・厚盛り用・微細線用に対応可能です

Q:

シルク印刷用 版枠の種類は?

A: アルミ枠・木枠・アングル枠など各種対応可。既存の枠を再利用も可能です

Q:

シルク印刷用 メッシュ種類は?

A: #80~#420 の高メッシュまで各種対応可。ステンレス紗も可能です

Q:

シルク印刷用のインキはどこのメーカーを取り扱ていますか?

A: セイコーアドバンス・帝国インキ・十条ケミカル・永瀬スクリーンなど各種取扱致します

Q:

シルク印刷用 インキサンプルを取り寄せできますか?

A: 十条ケミカル・永瀬スクリーンは対応してくれます

Q:

シルク印刷用 インキの最低数量は?

A: 最低1kg缶より可能です

Q:

シルク印刷用 スキージはどこのメーカーですか?

A: 基本は当社OEM商品ですが、各メーカーも取扱い致します

Q:

シルク印刷用 スキージはの形状 サイズ 色は?

A:

平スキージ・剣スキージなど 一般的な形状です 色は乳白色です
・サイズ:幅6~9mm 
・高さ:20~50mm 
・長さ:1000~1200mm

Q:

シルク印刷用 スキージの硬度は?

A: 60度(軟らかい)~ 90度(硬い)特注 まで対応

Q:

シルク印刷用 機械も販売していますか?

A: 各メーカー取扱い致します(東海商事・ミノグループなど)
 

■活版凸版(Letter Press)に関するご質問

Q:

活字凸版(Letter Press)の版は作成できますか?

A: はい可能です。
腐蝕凸版で対応致します
樹脂版 マグネシューム版 銅版 亜鉛版(外注)があります
鋳造での活字凸版は不可です

Q:

活字凸版(Letter Press)に樹脂版を使っているのですが?

A: 最近では活版用の版として金属凸版(腐蝕)を多く使っていただいております
耐久性や、強く押し込みが可能で凹みの具合が良いと好評です

Q:

活字凸版(Letter Press)は昔の印刷技法では?

A: 最近のデザイナーさんの間で活字凸版(Letter Press)での印刷が評価があり
真新しいとの事で問い合わせが多くなってきています

Q:

活字凸版(Letter Press)で印刷した物はどういったものが多いですか?

A: 名刺・ポストカード・冠婚葬祭関係・コースター等沢山あります
最近では同人誌等 書籍にも良く使われております

Q:

活字凸版(Letter Press)をつくりたいのですが、版下が無いのですが

A: 当社で、版下作製から致します(写植・トレースも受け賜ります) 

Q:

活字凸版(Letter Press)で活字組版で使っている書体はありますか?

A: 一部ありますが、ない場合は近い書体で校正致します
活版に相性の良いデジタル書体もあります
 

■データー入稿に関するご質問

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はどのようなデーターで作成できますか?

A:

基本イラストレーターで作成された物に限ります
CADデーターなどはEPS保存して頂ければ使用可能ですが、寸法などが変わる恐れがあります (パスが繋がっていない状態になることがあります。その際はパスの接合代を別途頂戴することもあります)

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はデーターの保存形式は?

A:

基本 eps保存でお願いします。
確認用に別途PDF保存して頂きデーターを添付(同送)頂ければより安全かと思います

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はデーターを作る際の注意事項はありますか?

A:

CMYKで白黒で作成してください。文字に関しては全てをアウトラインを掛けて下さい。
画像は埋込か送付の際に添付し、不必要な部分は外し必要部分のみのデーターにして頂くと助かります又、確認用にPDF保存して頂ければより安全かと思います

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はアウトラインがかかっていないとどうなりますか?

A:

当社にフォントがない場合、文字が化けた状態となります
又、製版用フイルム出力時にエラーとなり出力できません。必ずアウトラインを掛けて下さい 違うフォントに変えて出力することはありません。

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はRGBモードで作成しても良いですか?

A:

基本 CMYKモードでお願いします。
スミ100% 白100%以外は全て網の状態で出力されてしまいます。

Q:

箔押版(ホットスタンプ)は画像データーを貼付けたいのですが?

A:

画像に関しては 基本 モノクロ2階調で使用してください。
解像度に関しては 高解像度2400dpi程度の画像が望ましいです
低解像度の場合 ギャザがで、良い物が出来ません。

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はデーター確認 絵柄はどのように確認しますか?

A:

確認用のPDFで確認します
PDFデーターが無い場合は メール送信時に絵柄をFAXで送って下さい
照らし合わせで確認致します

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はMKS HOTをしたいのですが、データーをどう作ればいいですか?

A:

当社でMKSパターンを挿入致します
入れたい部分をブロック別けして頂き、MKSパターン別に色分けをして下さい。
色分けされた部分に当社で挿入致します。

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はサイジング HOTをしたいのですが、データーをどう作ればいいですか?

A:

当社でサイジングパターンを挿入致します
入れたい部分をブロック別けして頂き、MKSパターン別に色分けをして下さい。
同じ色が同じように光るように当社で挿入致します。

Q:

箔押版(ホットスタンプ)はMKS サイジング HOTのデーターを確認できますか?

A:

基本データーが全ての部分がありますのでキチンとしたデーターではお渡しできませんが
JPG画像やTIFF画像で確認して頂くように致します
データー上白黒のみの表現の為、あまり良い見え方は致しません

   
   
   

お気軽にご相談ください。

〒536-0025

大阪府大阪市城東区森之宮2-2-14

 株式会社Sakae Plus

ご相談連絡先
   
  
株式会社SakaePlusロゴ・ロゴマーク
企業情報▶プライバシーポリシー
copyright(C)株式会社SakaePlus All Rights Reserved